テンプレートの背景

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
hacanatzkina
hacanatzkina (JUGEMレビュー »)
cruyff in the bedroom
RECOMMEND
ukiyogunjou
ukiyogunjou (JUGEMレビュー »)
cruyff in the bedroom
RECOMMEND
saudargia
saudargia (JUGEMレビュー »)
cruyff in the bedroom
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
A.Y.A
A.Y.A (JUGEMレビュー »)
PLASTIC GIRL IN CLOSET
RECOMMEND
ekubo
ekubo (JUGEMレビュー »)
PLASTIC GIRL IN CLOSET
RECOMMEND
cocoro
cocoro (JUGEMレビュー »)
PLASTIC GIRL IN CLOSET
2011/7/6 セカンドアルバム。

トータルプロデュースしています。
RECOMMEND
TOY
TOY (JUGEMレビュー »)
PLASTIC GIRL IN CLOSET
2010/2/24 デビュー。
トータルプロデュースしています。
RECOMMEND
Vasallo Crab 75 Eats The Best Up
Vasallo Crab 75 Eats The Best Up (JUGEMレビュー »)
Vasallo Crab 75
M3にコーラスで参加しています。
RECOMMEND
natural Loop
natural Loop (JUGEMレビュー »)
ヴィッシュ
特典remixCD「artificial Loop」M3/tears dripにてハタユウスケ・スターゲイズ・グループとしてリミックスで参加しています。
RECOMMEND
虹盤
虹盤 (JUGEMレビュー »)
松崎ナオ,小林信吾,冨田譲,cruyff in the bedroom,石井マサユキ,奥田健治,上田ケンヂ,小野瀬雅生,渡辺善太郎,清水信之,戸崎孝夫
M13/月と細胞とにcruyff in the bedroomとしてプロデュース、アレンジ、演奏で参加しています。
RECOMMEND
sweet days and her last kiss
sweet days and her last kiss (JUGEMレビュー »)
少女スキップ my dead girlfriend,my dead girlfriend,少女スキップ
死んだ僕の彼女/my dead girlfriend全曲にプロデュース、アレンジで参加しています。
RECOMMEND
rebirth
rebirth (JUGEMレビュー »)
46°halo
M5/NightSongにシンセで参加しています。
RECOMMEND
galactica
galactica (JUGEMレビュー »)
SUPER SOUL SONICS,岸野義樹,岡野ハジメ
M3/sunset sunにギターで参加しています。
cruyff in the bedroom GIG GUIDE
2012/5/10(thu)大阪北堀江club vijon





2012/5/11 (fri) 愛知名古屋APOLLO THEATER
[PLASTIC GIRL IN CLOSET レコ発ツアー/tour ekubo 2012]


2012/5/12(sat) 東京高円寺HIGH
w/NESS





ハタユウスケグループ GIG GUIDE
[Total Feedback]
2011/5/28(sat)高円寺HIGH
一年半振りのライブ決定!
ハタユウスケ DJ GUIDE

2011/6/15(wed) 高円寺HIGH
[HIGH FIDELITY]

2011/6/18(sat/mid)下北沢CLUB251
[from antwerp with love]


2
ukiyogunjou press guide
☆WEB GUIDE
Myspace Japan
http://news.jp.myspace.com/NewsArticles/8820.aspx
ナタリー
http://natalie.mu/music/news/36594
TOWER RECORD ON LINE
http://tower.jp/article/feature_item/69004
DISK UNION ON LINE
http://diskunion.net/jp/ct/detail/IND5400

☆MAGAZINE GUIDE
[ROCKIN' ON JAPAN/10月号]8/30発売 P256インタビュー
[makers]24号 P20,21インタビュー
[MUSICA/10月号]9/15発売
[CDJournal 10月号]9/18発売
[JUNGLE☆LIFE 154]P119
[Rolling Stone(Japan Edition)]10月号
[bounce]10月号 9/25配布
[JUICE MAGAZINE]10月号
[CLUB Que16th Anniversary/Sweet Littele Sixteen]P19 7/17ライブレポート
[indies issue Vol.53]P70 レビュー

☆RADIO GUIDE
RAB青森放送ラジオ[サタデー夢ラジオ]9月度プッシュアルバム
FM秋田 10月度パワープレイ

ハタユウスケ other works
"HARISS presents 「POP SAVE US」"
2011/6/11(sat/mid)下北沢CLUB Que
DJ> AKIRA(HARISS)/SEIJI(HARISS)/高橋浩司(HARISS)/SATO(URASUJI.)/ 楠部真也(The Symphonix)/EISUKE(BRITISH PAVILION,Tequila69)
LIVE> 高橋アキラ[AKIRA(HARISS)+高橋浩司(HARISS)+ ハタユウスケ(cruyff in the bedroom)+鈴木淳(fragments)]
少林兄弟[SEIJI(HARISS)+YUJI(HARISS)+ WATARU(RET ROGRETION)+IDA(ex.THE SPANISH BARROW'IN GUITAR)+KOIZUMIX]
SECRET BAND!!!!!!!
MOBILE
qrcode
花嵐
偶然テレビで見た隅田川の花火大会、夏風邪ひいたベッドの中。 
猛烈に感動した。
生で見た花火なんてデビュー前にまで遡る、テレビだったというのに劇的に感情を持ってかれた。

この曲は最後までアレンジを決めずに録音に臨んだ曲でした。
メンバーには花火の景色、日本人らしい情緒感の曲にしたいと伝えてました。
ミキヤは間奏のドラムで打ち上げ花火を表現するとか言ってドラムのパターンを考えてくれました。どこの事かは聴けば分かるよね(笑)?

ヒデちゃんのベースラインがなかなか決まらずに(こういう作り方をするといつも彼はそうなる/笑)、シゲと三人でひたすら考え抜いた。
結果、どこか脆さを感じるのはヒデちゃんのラインのお陰だと思う。

シゲと二人でリハスタに機材を持ち込んでひたすら切ないギターフレーズを録音しまくった。
左右から聴こえる情緒的なアルペジオはとっても日本人らしい、エキゾチックだし泣けて来る。

間奏部分には破裂音のようなフィードバックノイズを盛大に花火を打ち上げるようにダビングしまくった。
いつか見た花火大会はこんなだった。


レコ発ツアーも終わって夏が来た。
バサロ、HYGで一緒のアッキー宅の屋上で仲間がたくさん集まる花火BBQに招待してもらった。
僕は一瞬たりとも忘れないようにあの夏を心に刻み付けた。
久しぶりに夏に浮かれた。


今年はまだ見れてない、14日の東京湾の花火大会の日はライブのゲネプロだ。
行けるとしたら神宮の花火だけだ、なんとしても行きたいな。



アルバムラストを締めるにふさわしい楽曲です。
僕らは日本人らしく、自分たちの感性でより良い音楽を創り続けたいと願っています。
「浮世群青」、新作はこの流れを受け最高のアルバムに仕上がっています。



15日アニバ第四夜、サウダルジア、あの夏見た心狂おしくなるくらい切なくなる大輪の花火を打ち上げたいと思っています。













| saudargia | 12:45 | comments(3) | - | pookmark |
frozen
クライフ始動直後。
実はこの曲はその当時に演奏してた曲なんです、もっというと以前のバンドの末期にはもうあった曲。 
デビューライブでも演奏してるはず...。 
当時からクライフを観て下さる男性から「あの曲やってよ」みたいなリクエストをいただきました。 
自分の中からもすっかり抜け落ちてた曲、同時にその当時のライブ音源をいただいたので久しぶりに聴いてみました。 
...良い曲じゃん...。 

 一度終らせた曲だしそのまま再現するのもつまんなかった、だって時間経過の分だけ音楽性も変化してる訳ですからね。 
タイトルだけ残し改めて作り直してみました(歌詞もサビ以外書き換えました)。
 ...さらに良い曲じゃん...(笑)。 


イメージはしとと静かな真っ白い世界、北海道、札幌から旭川に通じる山道から見た景色。 イントロのホワイトノイズは穏やかな空気感を、シゲの作った可愛らしいシンセの不定期な音色が降る雪の儚さを表現しています。 
音数の少ないベースとアコギのアルペジオはどこまでも続く白い世界のように聴こえます。 ミキヤの凛とした人力ブレイクビーツがより感傷を誘います。 
全ては歌詞の世界、儚く強い白銀の世界。 


この曲は冬限定で数回ライブでも披露しています。 
日曜日のアニバファイナルにて初めて夏の夜を雪色の世界に変えたいと思っています。 
8/15、CLUB Queにてお待ちしています。










 
| saudargia | 14:36 | comments(2) | - | pookmark |
scary
ゴッホの絶筆とされる「カラスのいる麦畑」。
初めて本物を見た時に猛烈な衝撃を受けた。
その時は特に彼に興味があったわけではなく、旅行先のベルギーから帰国する日の空いた時間にゴッホ美術館に寄っただけ、たまたま観たようなものです。

その日にグッと来たのはこの絵と[夜なべ」と名づけられた2作品。
切なさがこみ上げて泣きそうになって、絶望の深さに張り裂けそうになった。
この日がきっかけでゴッホに夢中になったのです、もう何年も前の話。


昨夜、BS朝日で彼の番組が放送されてました。
長いとは言えないけど濃密な彼の生きた37年間、1時間で紹介するとなるとキーワードがたくさん抜けて湾曲してしまう。
いくつか出版されてるちょっとぶ厚めの伝記、彼の残した書簡集、それらを同じ時間軸で読む事をお薦めします。
とっても人間らしい、ただただ愛情に飢えている男の姿が読み取れると思います。
みっともないかもしれないけど...僕は感情移入をしてしまったよ。



「荒れ模様の空の麦畑」。
なんとなく対となるような作品。
この二作品から感じた事を「スケアリー」で作品化したんだっけ。


光向日葵でゴッホから受けた影響を思いっきり吐き出して、この曲でその流れを最後としたはず。
今の僕にはもがき苦しむ人間らしい姿ではなく、産まれた作品の美しさの方が単純に心に来る、それが虚像だとしても夢の話だとしても。


「夜のカフェテラス」の切なさはいつ目にしても悲しい美しさだ。
「星月夜」は実際の空よりもっと感情的で心で観た、記憶に残ってる印象の儚さだ。
咲き誇る「ひまわり」たちはもう枯れ始めている、瞬間は優しい思いを持って捉えられてる。
ゴーギャンとの一連の作品...正直涙が出て来る、何と引き換えに迷いない優しさを得ようとしたのか、とか。
向日葵は新宿のビルの中、暗闇の中で咲いてます。



なんて、ゴッホについてになってしまいました(苦笑)。
こんな事を思って書いたんです。

















| saudargia | 13:27 | comments(2) | - | pookmark |
tablet
二年も放ったらかしにしてましたが...サウダルジア解説を再開してみようかと。
今月のアニバがあって良かった、これがないともう書く機会なかったと思う。
...シゲブログのパクリ企画...いえ違います(笑)!

この曲は光向日葵発表後の最初の曲です。
非公式にworld's endのラテンハウスマッシュアップを作ってDJの時にパーティーでたまにかけてたんです。

僕がハウスミュージックに目覚めたのは[girls and boys/blur]のブートリミックスでした。
移転前の下北沢JET SETでかかってたそのトラック。
これを聴いた事がきっかけで翌月からのDJプレイスタイルをガラッと変化させました。
その後kaskadeなんかのキラキラハウスに出会い、僕は夢中になりました。


4つ打ちのバスドラムの上をずっと同じコード進行で曲は進行します。
高揚感、陶酔感、幸福感。ギターは轟音、メロディはポップ。
僕の音楽性の基礎となるところです。


8/15に久しぶりに披露する事になりますね。
今から楽しみです。


さっ、練習練習!










| saudargia | 13:37 | comments(0) | - | pookmark |
唄 楽園 エガワヒロシ
You Tubeでエガワヒロシくんの唄う楽園を聴きました。
涙が出そうだった、こういう事なんだ。

メロディは普遍。
声は慈しみ。
音楽こそが人生。


もうかれこれ長い間ずっと音楽を続けています。
数年前、母親に「あなたは音楽だけは飽きないね」なんて中傷だか優しさかなんて事を言われた事があります。
そうです、音楽こそが僕自身を形成するほとんどなんです。


週末には何よりも大切なクライフのライブがあって、また来月は北日本を唄いに廻る。
10月にはハタユウスケグループのアルバムが発表されて、初のレコ発ツアーに廻る。


唄ってない時の僕は幻。
唄っている時の僕こそが真。
そう思って暮らしています。
間違いなく僕は幸せなんです。
僕らクライフには聴いて、感じてくれるくれるみんながいるんです。


高校に上がる頃からライブハウスで唄ってました。
もう幾年が過ぎたのでしょう?
ずっと唄って来ました。
後悔なんてこれっぽっちもないし、これからもずっと朽ちるまで唄ってたい。


一緒に唄ってくれるみんなありがとう。
同じ時間を心からありがとう。


少し酔ってはいますが...
僕はクライフの仲間と、愛してくれるみんなとずっと唄いたいと深く思いました。


たまにはこんな日記も良いよね(笑)。


| saudargia | 02:00 | comments(2) | - | pookmark |
twinkle twinkle
夢でみたとあるバンドのライブ。
多分会場は新宿MARZ、ほとんど行った事ないのに。
そのバンドが汗だくで唄ってたのがこの曲のサビのメロディでした。

飛び起きた僕はそのメロディから曲を拡げ、残りを一気に書き上げました。
実際あるんです、こういう事。
今までにも何度かありました。

もちろん、夢の中で演奏してた曲はそのバンドのレパートリーではありませんよ(笑)。


普段使わないような美しい日本語で歌詞を書きました。
日本語で唄う事をはっきりと意識してからの曲ではありますが日常で使う言葉を歌詞にするのははばかられます。当たり前のようにそうやって書き出しました。
その頃良く読んでいた明治、大正の頃の日本文学の影響もありました。

サビはとにかくキラキラなんです、早速和英辞典で調べたらtwinkle twinkleでした。
これしかない!こんなシンプルな英単語の中に全ての意味が詰まっている。

人生、時間の美しさ、儚さ。
そんな事を唄いたかった。
最後までこの曲をアルバムのリードトラックにするか悩んだくらいに気に入っています。


ストリングスのアレンジはシゲと二人で持ち寄ってまとめたものです。
基本のラインは僕が考えたものですが裏メロはほとんどシゲのアレンジです。
早く誰かに聴かせたくて、録音に遊びに来てたmashのフジイくんにヘッドフォンをかぶせたりしました。


気付いた方もいらっしゃると思います。
オールドスクールな年齢の人間は「アルバムはAサイド、Bサイド」って観念がどうしても抜けません。
この曲がBサイドの始まりなんです。
始まるまでの曲間が少し長めになってるでしょ?


どこをとってもキラキラ。
僕はこんな音楽が好きなんです。

| saudargia | 13:03 | comments(2) | - | pookmark |
睡蓮
クロードモネについては僕がとやかく言うものでもないと思います。
僕も例に漏れず日本人は印象派好きの方が多いですよね。

モネや印象派の作品は日本中どこにいても近場に作品があったりします。
少なくとも年に一度はモネの作品を展示した展覧会もやって来ます。
長生きされましたし、作品も売れましたし。
ゴッホとは違いますね。

積み藁、ルーアン大聖堂、ロンドンでの一連の作品、そして睡蓮。
輪郭のない溶けるような光と空気。キラキラでふわふわ。
僕は何時間でもクライフの音楽との類似点を語れます。

夕色、睡蓮で描きたかった世界はとても近しいです。

シゲのアルペジオは煌めく光の粒子を想像させます、サビの盛り上がりは流れる風を連想させます、ピアノのフレーズは何より儚さを強調します。

ゴッホの荒々しくも繊細な世界、モネのただ美しくたゆたう世界。
僕らクライフの轟音さえも柔らかい世界。

朧げ、儚さ、切なさ、揺らめき、煌めき。睡蓮。
suilentとは静寂をも意味します。

最後に言葉の説明をしておきます。ほとんどが造語です。
メランコリア。思い出の象徴。
サウダルジア。郷愁と切なさ。
ファンタジア。粒子の発光。
インファンタイリア。未発達である事。
メイチャーフォビア。モラトリアム。
マリアマリア。言わずもがな。



| saudargia | 16:01 | comments(1) | - | pookmark |
夕色
印象派と一括りにカテゴライズしてもたくさんの画家がいらっしゃいます。

誰が好きかというと僕はダントツにヴァンゴッホが好きです。
それは多分、作品はもちろんですが生き様も含めた彼が好きという事になると思います。
彼の伝記、残した手紙。
知れば知る程好きになりました。

とはいえ僕はモネも大好きなのです。
多くの日本人は彼を好きですね、季節の移ろいなんかが僕らの情緒に入り込んでくるのでしょうか?

積みわらやらロンドン時代のチャネリングクロス、[ルーアン大聖堂]の連作など心に残った作品をあげるとキリがありません。
作品からは空気と光、湿気までもが伝わってきます。

文教地区にある我が家の周りには高い建物がありません。
ベランダ越しに空がよく見えます。
ここに越してからさらにモネの作品が好きになりました。
僕の暮らす街の空はこんなにきれいだったんだ。

どうにかしてこの空を描いておきたかった。
理想の夕方を幾日か待ちました。
美しい夕方の日、僕は空を眺めながら一気に歌詞を書き上げました。


クリアライトのビデオクリップはご覧になられましたか?
緑から白へ、そして透明へ。
モチーフはもちろんアブサンです。
撮影に入る前の打ち合わせで何度も議題にあがったのはモネの絵についてでした。
ツアーファイナルのライティングもしかり。


ある意味この楽曲の歌詞に普段の僕が一番強く出せたと思います。
一人で過ごす毎日を繰り返す僕を。

目に入るものを何の迷いも猜疑心もなしに美しいと感じれる事。
蒼さ。
僕の見た空は聴いてくれたみなさんの中で美しく再現されたでしょうか?

| saudargia | 11:55 | comments(1) | - | pookmark |
チェリー
チェリー
僕はずっと孤独で出口なんかどこにもないって感じてたんだ
すぐにもわっと泣き出しそうになってしまうから永遠の一瞬だけをみつめてたんだ

チェリー
僕はずっと一人で震え上がってたんだ
明日くらい分からないものはないって知りながらたった一人で毎日を過ごしてたんだ

チェリー
僕は塵と灰以外の何者でもなかったんだ
いつも負けてばかりで いつも深く沈んだ色の中で 自分の形さえわからないくらい

チェリー
僕はなんだかとっても穏やかなんだよ
あんなに狭くて固いバスタブの中からやっと這い出せた気分なんだ


日本語詩
| saudargia | 17:28 | comments(3) | - | pookmark |
白昼夢
恐れずに言うなら僕はテレビが好きです。
基本的にはサッカー中継とお笑い番組をよく見ます。
wowowとe2のJリーグセットに加入しています。
映画なんかはほとんどwowowで見てます。
失礼ながら映画館に行ったり、レンタルビデオ屋さんに行く事はほとんどありません。

クライフ再始動の夏にテレビで見たとある物語。
僕が永遠に失ってしまった若さ、一瞬のきらめきを題材にしたお話でした。
you tubeで10年以上前の自分の映像を見ました。
当時の事を懐かしむつもりはさらさらありません、今でしか持ち得なかったものもたくさんありますから。

確実にモラトリアムから抜け出せてない僕は正直多少の切なさも感じます。
蒼さ、これだけは僕が死んでしまうまで絶対に持っていたいです。
サウダルジア。
いつかの夏は毎年遠くなって行きます。
子供の頃の記憶は少しづつ歪んで、忘却の彼方に消えて行くのでしょう。

これが再始動クライフが最初に創った曲です。
メッセージなんて大層なものではありません。
僕は若く、愚かで、それでも今では美しかったと思えるいつかの風景を残しておきたかったのです。






| saudargia | 13:03 | comments(1) | - | pookmark |
| 1/2PAGES | >>