テンプレートの背景

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
hacanatzkina
hacanatzkina (JUGEMレビュー »)
cruyff in the bedroom
RECOMMEND
ukiyogunjou
ukiyogunjou (JUGEMレビュー »)
cruyff in the bedroom
RECOMMEND
saudargia
saudargia (JUGEMレビュー »)
cruyff in the bedroom
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
A.Y.A
A.Y.A (JUGEMレビュー »)
PLASTIC GIRL IN CLOSET
RECOMMEND
ekubo
ekubo (JUGEMレビュー »)
PLASTIC GIRL IN CLOSET
RECOMMEND
cocoro
cocoro (JUGEMレビュー »)
PLASTIC GIRL IN CLOSET
2011/7/6 セカンドアルバム。

トータルプロデュースしています。
RECOMMEND
TOY
TOY (JUGEMレビュー »)
PLASTIC GIRL IN CLOSET
2010/2/24 デビュー。
トータルプロデュースしています。
RECOMMEND
Vasallo Crab 75 Eats The Best Up
Vasallo Crab 75 Eats The Best Up (JUGEMレビュー »)
Vasallo Crab 75
M3にコーラスで参加しています。
RECOMMEND
natural Loop
natural Loop (JUGEMレビュー »)
ヴィッシュ
特典remixCD「artificial Loop」M3/tears dripにてハタユウスケ・スターゲイズ・グループとしてリミックスで参加しています。
RECOMMEND
虹盤
虹盤 (JUGEMレビュー »)
松崎ナオ,小林信吾,冨田譲,cruyff in the bedroom,石井マサユキ,奥田健治,上田ケンヂ,小野瀬雅生,渡辺善太郎,清水信之,戸崎孝夫
M13/月と細胞とにcruyff in the bedroomとしてプロデュース、アレンジ、演奏で参加しています。
RECOMMEND
sweet days and her last kiss
sweet days and her last kiss (JUGEMレビュー »)
少女スキップ my dead girlfriend,my dead girlfriend,少女スキップ
死んだ僕の彼女/my dead girlfriend全曲にプロデュース、アレンジで参加しています。
RECOMMEND
rebirth
rebirth (JUGEMレビュー »)
46°halo
M5/NightSongにシンセで参加しています。
RECOMMEND
galactica
galactica (JUGEMレビュー »)
SUPER SOUL SONICS,岸野義樹,岡野ハジメ
M3/sunset sunにギターで参加しています。
cruyff in the bedroom GIG GUIDE
2012/5/10(thu)大阪北堀江club vijon





2012/5/11 (fri) 愛知名古屋APOLLO THEATER
[PLASTIC GIRL IN CLOSET レコ発ツアー/tour ekubo 2012]


2012/5/12(sat) 東京高円寺HIGH
w/NESS





ハタユウスケグループ GIG GUIDE
[Total Feedback]
2011/5/28(sat)高円寺HIGH
一年半振りのライブ決定!
ハタユウスケ DJ GUIDE

2011/6/15(wed) 高円寺HIGH
[HIGH FIDELITY]

2011/6/18(sat/mid)下北沢CLUB251
[from antwerp with love]


2
ukiyogunjou press guide
☆WEB GUIDE
Myspace Japan
http://news.jp.myspace.com/NewsArticles/8820.aspx
ナタリー
http://natalie.mu/music/news/36594
TOWER RECORD ON LINE
http://tower.jp/article/feature_item/69004
DISK UNION ON LINE
http://diskunion.net/jp/ct/detail/IND5400

☆MAGAZINE GUIDE
[ROCKIN' ON JAPAN/10月号]8/30発売 P256インタビュー
[makers]24号 P20,21インタビュー
[MUSICA/10月号]9/15発売
[CDJournal 10月号]9/18発売
[JUNGLE☆LIFE 154]P119
[Rolling Stone(Japan Edition)]10月号
[bounce]10月号 9/25配布
[JUICE MAGAZINE]10月号
[CLUB Que16th Anniversary/Sweet Littele Sixteen]P19 7/17ライブレポート
[indies issue Vol.53]P70 レビュー

☆RADIO GUIDE
RAB青森放送ラジオ[サタデー夢ラジオ]9月度プッシュアルバム
FM秋田 10月度パワープレイ

ハタユウスケ other works
"HARISS presents 「POP SAVE US」"
2011/6/11(sat/mid)下北沢CLUB Que
DJ> AKIRA(HARISS)/SEIJI(HARISS)/高橋浩司(HARISS)/SATO(URASUJI.)/ 楠部真也(The Symphonix)/EISUKE(BRITISH PAVILION,Tequila69)
LIVE> 高橋アキラ[AKIRA(HARISS)+高橋浩司(HARISS)+ ハタユウスケ(cruyff in the bedroom)+鈴木淳(fragments)]
少林兄弟[SEIJI(HARISS)+YUJI(HARISS)+ WATARU(RET ROGRETION)+IDA(ex.THE SPANISH BARROW'IN GUITAR)+KOIZUMIX]
SECRET BAND!!!!!!!
MOBILE
qrcode
浮世群青についての最後の日記
ツアーファイナルから一週間、まだ我家でほとんどのお花たちが綺麗に咲いてます。
枯れてしまう前に当日の曲順を記しておきたいと思います。


[ukiyogunjo tour final] 渋谷CLUB QUATTRO

se,Jesu, Joy Of Man's Desiring/JS Bach


1,ukiyogunjou

2,loves and lights


3,rain me

4,loved

5,sadness madness

6,I see the moonlight


7,mirawii carnval

8,suilent


9,the colour is blue

10,she goes to the world's end

11,honeymoon hotel


12,rakuen

13,yasasihikari

14,clear light,white cloud

15,cry


en1,plastique bag


end SE,time to say goodbye/Sarah Brightman


en2,sad paradise 



ツアーファイナル、バースデーとお祝いにたくさんのワインやシャンパン、プレゼントをいただきました。
遅くなってしまい大変申し訳ないのですが...ありがとうございました!


新曲、続々制作中です。
一日も早く新しいアルバムを発表出来るよう毎日精進したいと思っています。
それまで浮世群青と共に毎日を過ごしてもらえたら幸いです。













| 浮世群青 | 14:44 | comments(3) | - | pookmark |
M11,last night in antwerp
代々木のDOCOMOタワーがカテドラルみたいに見える。
ランドマークとしての役割、空に突き刺さる尖塔がアントワープの教会をいっつも連想させる(あの大好きな教会は比べ物にならないくらい美しいけど)。

ルーベンス、カリヨン、[couches in alleys]。
全部大好きなアントワープにある。
スヘルデ川からの景色、教会の二本の尖塔の間に見えたでっかい真ん丸のお月さまが忘れられない。
何年も経った今でも鮮明に思い出す。

僕の日常は代々木やその周辺にある。
恋しい街の事をここ代々木で思う、とはいえ代々木もはなんだかんだで大好きだ。 
いつか違う街で暮らすような事があったとしたら、僕は代々木の事をアントワープと同じくらい恋しく想うのだと思う。

歌詞に地名が入ったのも、人の曲名が入ったのも初めてです。
この曲は色んな意味でも一生忘れられない曲になった。


いつもアルバムラスト曲はノープランで制作に入る。
確かに危険な賭けだけど...未だに失敗した事はない、と思う(笑)。

イメージをぐっと膨らませて、ただただ優しい曲に仕上がるよう全力で向かった。
シゲのアコギ、ヒデちゃんの唄うベースライン、淡々と時を刻むかのようなミキヤの、でも少し感傷的に聴こえるリズム。
カリヨンが聴こえる。
僕は、ロマンティックに、センシティヴに、とっても優しい気持ちで空っぽの自分を唄った。



リミックス。
sphere誠さんには絶対参加して欲しかった。
快諾、嬉しかった!

あえてノイズの入ってないトラックをお願いして歪みの世界を待った。
誠さんはオリジナルとはまた違う静謐な世界を創ってくれました。
歪みは入ってなかった、またもリミックスの喜び(笑)。
感謝です、アルバムがこれ以上ないくらいの優しいエンディングを迎える。



これで全曲解説は終了です。
シゲが機材や録音の面白い話をブログで始めました。
こちらの方も楽しんで下さいね。


ありがとう。














| 浮世群青 | 09:24 | comments(3) | - | pookmark |
新宿 雨 
靴はびしょびしょになった。
雨の新宿を歩いた。

明日からのツアーに備えてギター弦やらピックなどを買いに。
夜から代々木で作業だったんで連日の新宿へ。
雨の新宿は、景色が霞むからかそんなに嫌じゃなかった。


disk unionへ。
B1F、6Fと2フロアで新作を展開してくれてた、嬉しい限り。
まだリミックスアルバムありましたよ。
まだ未購入の方は是非!



 








タワーレコードへ。
前日発売日に見た時はなかった大きな看板が!...実は気になって見に行ってたのだ(笑)。
ありがとうございます!

下りエレベーターの目の前です、目立ってるからすぐに分かると思います。
恥ずかしくてこっそり写真撮らせてもらったんでサインとかなんにもないですが(苦笑)。










雨降る街を代々木まで歩いた。
びしょ濡れである。

ザーザズーに寄ったら...おお!DQSマスターケンちゃん!
彼と話す時はいつも笑顔になる。
男前ですよ、いつもビッとしてる。

なんと、ライブはFARMSTAYでした。
見れなかったけどギターつかちゃんと長く話した。
みんなにも会えたしとっても楽しい時間でした。
...で、用事に遅刻(涙)。




リニューアルしたオフィシャルサイトをさらに修正。
トップページが新しくなって、さらにチケット予約ページも作り直しました。
...店長タツが(笑)。
浮世群青ツアーのご予約可能です。
是非!




バサロが練習してた。
店長がいつものように無茶ぶりしてバサロがクライフになった。
いや...なってない(苦笑)。












大きい部屋ではwilberryがリハーサル中。
ジョウくんにも店長無茶ぶり(笑)。
ありがとうございました!










最後にクライフにとってもかかせない天才バイオリニストの涼しげな写真を。
...河辺くんが僕のポジションで写真に写ってくれれば良かったのに...(苦笑)。










いよいよ明日はツアー初日。
チケットまだお持ちでない方は是非新しくなった予約フォームでご予約お願いします。

とりあえず僕は...ヘアカット行ってまいります!
明日ね。






| 浮世群青 | 11:09 | comments(0) | - | pookmark |
M,10 rain me
失礼ながら、この曲の歌詞にはモデルとなった人物がいます。
それがダメなヤツで...でも気持ちはよく分かるんだよなあ。
彼の想いが叶えばと思う。
結局は愛です、愛は光になるんです。 


メタルっぽいリフ。
なんだかんだ毎作一曲はこういったアプローチで曲を作ってますね。
でもここまで激しいリフが自分から出て来た事に我ながらびっくりした。
メタル、行ける方です(笑)。

リフさえ決まればこっちのもんです。
あとはとにかく甘いメロを!
仕上げにはキラキラを。

かなり気に入ってます、ライブ定番曲になりそうです(笑)。



リミックス。

実は僕はまだCOSMO-SHIKIさんにお会いした事がないんです。
シゲが仲良いようで彼にお願いしてくれました。
ありがとうございました!

僕の中にはまったく素養のない音像。
しつこいようですが...だからリミックスは面白い!




















| 浮世群青 | 10:49 | comments(0) | - | pookmark |
M9,mirawii carnaval
友達たちの顔を思い浮かべながら書いた曲。
以前この曲を褒めてくれた際に伝えたと思うけどこれはホントの話。

色んな事で僕が落ちてる時に話聞いてくれて未来に光まで射してくれた。 
そんな大切な仲間たちの事を唄いたかった。
パーティーで踊ったりして積み重ねて来た日々や飲み干してきたワイン。
その全ての事を覚えてる訳ではないけど、毎回泥酔者もいますし...(笑)、ほとんどが優しい記憶の中にある。
これからも大事にしたいと思う。


懐古主義なのか年を取ったのか(涙)、自分の中でブリットポップ流行があった。
The Smithsが大好きでその影響下にある音楽もたいてい好きだ。
少し憂いでて、少し悲しいのに優雅、キラキラ。
久しぶりにGene、Strange love、Grass Show(スウェーデンですが)とか他にもたくさん引っ張り出して聴いた、最高だった。
ピロウズ淳くん、HARISS浩司兄さん、バサロHYG河辺くんと組んだアコースティックカバーバンドのせいもあると思う。
あのバンド、めっちゃ楽しかった!

前述したような雰囲気を昇華したエレガントな仕上がりになったと思う。
シゲがミックスダウンしてより整理されさらに良くなったと感じた。



長い付き合いのキュマバロウ70ちゃん。
彼女、メロウで少し憂い帯びた曲が好きだからこの曲を気に入ってくれると思ってた。
僕がイメージして書いた友達とも大の仲良しだし、おあつらえ向きだった。
70ちゃんが関わってくれてこの曲がより輝いたと思ってる。

まさかのコーラスが入ってた。
こういうメロの展開大好き(笑)。
kaskadeのメランコリックさを思い起こさせるような胸がキュンと鳴るメロディ。


ありがとう、また未来に鮮やかな光が射しました。

















| 浮世群青 | 11:52 | comments(0) | - | pookmark |
M,8 I see the moonlight
ただただ柔らかい光を求める。
安息の夜を願う。
そんなエーテルな世界なら月に兎だっているんじゃないか、って。
メルヘンだねえ(苦笑)。


ヒデちゃんとミキヤのイントロだけで格好良い曲だってすぐに分かる。
そこにシゲのフワフワしたギターと僕の刹那アルペジオがゆるりと世界に溶けて行く。

うちのメンバーは新曲を固めて行く時に歌詞を欲しがります。
その世界観を表現する為には必要だって。
当然の事ですがそこまで僕が追いつかずに困るときもある(笑)。

この曲は特に歌詞が出来てなかったらここまでの完成度にはならなかったでしょうね。
良いメンバーだ。


今回の制作に於いてバサロ、HYGアッキーのスタジオにお邪魔させていただいた。
エンディングのシンセはアッキーが弾いてくれてます。
ストリングスの優雅なメロディと可愛らしいグロッケン、お気に入りです。
ライブでは...鳴りませんが(笑)。


エレクトリックでトランシーなイントロから一転、極悪な大樹ワールドが支配する。
まあ、よくぞここまでオリジナルの世界とかけ離れた音像にしてくれたもんだ(笑)。
とっても大樹らしいぶっといシンセ、強引なまでに進行して行く変わらない世界。
大樹そのものだ。
そんなあいつらしい作品を作ってくれた事を心から嬉しく思います。

こないだはパーティーでかけてくれてありがとう!
クラブの激低音で聴いたらさらに気持ちよかったよ。










 






| 浮世群青 | 12:45 | comments(2) | - | pookmark |
M7,sadness madness
PLASTIC GIRL IN CLOSETやThe Pains Of Being Pure At Heartといった身近なニューゲイザーと呼ばれるバンドたち。
彼らの音源やライブを観てとっても新鮮な蒼い刺激を覚えた。
若い彼らの音楽に正直嬉しい刺激を受けた。

僕らの方が年齢も全然上で、本来ならこれからの未来だって短いはずなんだけど...。
余裕で抗ってやろうと思ってる。
音楽への衝動は少しも減っちゃいない。
むしろこれからもビシバシ曲を書き、今まで以上の轟音ギターを掻きむしって唄い続けようと思ってる。

思うところは歌詞に書いた、書き捨てたとでも言った方が良いかな?
迷いはない。 



リミックス。
クライフには女性がいないんで男女混成ボーカルが出来ないんですね(苦笑)。
1000sayにお願いした時「アピちゃんにも唄ってもらいたいなあ...」てミッシェルくんにちらっとリクエストした。
クライフの原型がまったく残ってないのに見事な蒼い世界。
スタジオのスタッフなんかは「アニメのエンディングにもってこいですねえ!」なんて感想をくれた、分かる(笑)。
すっかり1000sayの新曲のようだ。


気付いた事。
いつものクライフの音像、混沌としたギターの渦の中では分からなかったんだけど...俺、ヒルビリーの宮城さんの影響めっちゃ受けてる。
息づかいと少ししゃくって唄い出すとこなんて恥ずかしいくらい似てる。

そんな事を思わせてくれたのも嬉しかった。




| 浮世群青 | 12:39 | comments(2) | - | pookmark |
m6,the colour is blue
青、蒼は僕にとって特別な色。
心震えたり、心軋んだり...様々な感情は青、蒼によってもたらされる。
新しい朝が始まる空、昼の空、夜の帳の空、真夜中の空、雨の空、雲ひとつない空...全部、青。青、蒼の中で暮らしてる。


ふわっふわの夜の世界を。
逃げ込んだ安息の夜の世界を。
幸せを描きたかった。


雨によってもたらされる安心感とか、月の圧倒的な優しさとか母性とか、自分でどうしようも出来ない事から救われる感じとか...解決出来てる訳じゃないとは思うけど...そんな人間らしい感情を表現出来たと思う。
 


音像もそんな優しい気持ちが描けてると思います。

シゲのアコースティックギターによるアルペジオ、最高の始まりだ。
僕の三つの音、蒼さの象徴。
浮遊するメロディと少し落ち着いたリズム隊。
景色の変わらない淡々とした世界、いきなり訪れる歪んだ世界。

ただ青、蒼。



リミックス。
いつのまにかミノル以外とも仲良くなったリリーズ。
初めて観たときはあまりの格好良さとクールさにびっくりした!
一緒にやりたいねなんて話も出た。
アニバ最終夜に願いが叶った。

リハさえも格好良い彼らを観ながらリミックス頼もうかと思い立った。
その場でOKしてくれたんだよ、感謝!

届いた音は...いやあにやけた!
こんな仕上げになるとは思いもよらなかった。
KENTくん、音楽の幅が広い、さすが。
いつものリリーズの音を想像してると思いっきり裏切られますよ。

ただただ気持ち良いトラックに酔いしれて欲しいです。













| 浮世群青 | 13:48 | comments(2) | - | pookmark |
M5,quruttacekaij
この時期バランス悪かったんだな。
久しぶりに少しネガティヴな歌詞を書いてしまいました。
闇の中で光を求めていたくせに自分には眩しすぎると感じて拒絶してしまう日もある。 

死んだ僕の彼女のギタリスト木下くんが英訳してくれました。
ありがとう!


実はこの曲で...僕は一本もギター弾いてないんです(笑)。

アレンジの全体像が見えたリハーサルの後、シゲが「アイデアあるから先に思うように創らせてくれ」って。
バンドですからね、むしろ楽しみだ!
届いた作品は素晴らしい音像世界でした。
ギター、ギターシンセによる緻密で繊細なオーケストレーション。
最高でした。

バサロ、HYGで一緒の河辺くんがアコースティックヴァイオリンを弾いてくれました。
フレーズ決まってたとはいえあっという間に録音終了。
狂った世界はどうしようもないくらい美しい世界に変わりました。



リミックス。
迷いなし、monocismの他にお願いするアーティストの想像もつかなかった。
もともと3拍子の曲です、それでもクライフには珍しいリズム。
...ちょっと、リズム取れないんですけど(苦笑)。

ある意味、本家浮世群青を含めても一番シューゲイザー的な作品。
是非monocismのライブで演奏して欲しい!
キタム/g、頼んだ(笑)!



世界は一瞬で変わる事がある。
















| 浮世群青 | 13:09 | comments(0) | - | pookmark |
M4,loves and lights
僕は自他ともに認めるガラスのハートの持ち主です(苦笑)。
誰しもそうだと思いますが、感情のコントロールが利かなくなる時がある。 
僕のパターンはさておき、皆さん色んな理由で落ちてる事でしょう。
大丈夫、僕もよく落ちる(笑)。

結局のところ生きてく上で必要なのは...愛と光、それに尽きるわけで。
こういった話は特に説明しなくてもみんなそれぞれ心や身体が覚えてると思います。

僕はメロディや歌詞を書きながら自分を浄化してるつもりになってるんでしょう。


歪んだギターをたっくさん録音した。
メンバーで完成のイメージを共有して無駄のないようギターを重ねて行った。
ふわふわでキラキラした、光のような愛ある音像空間に身体を任せて欲しいです。
その先でイメージを共有で出来れば嬉しいです。



2008年に監修したコンピ[Total Feedback]に参加してくれたwhite white sistters。
名古屋アポロシアターのイトウさんお薦めでした。
まだ若い(才能豊かな)彼らですが知り合ったときはもっと大人しくって可愛かった(笑)。
[spica]という曲に非常にグッと来て参加オファーを出したんです、ちなみにこの曲以外はあんまりシューゲって感じではなかったんだけど...それでもこの曲の魅力に落ちた。

ナカザワが言い出してくれた事で思いついたリミックスアルバムのアイデア。
この曲は迷う事なくwwsに頼みたかった、何より前述した曲のイメージがあったから。
数日後、完成品が届いた。


ドテクノじゃん...。
裏切られたー(笑)!
最高だ、こういう事こそリミックスの醍醐味。
遠慮なく好きにしてくれって伝えたもんね、凄いよこれ!

こいつらとんでもないもの持ってるかもですよ。
今のうちにwwsをチェックしておいて下さいな。
*今年のサマソニに出演してるから耳の早い方はもうご存知だと思いますが。


















| 浮世群青 | 12:43 | comments(2) | - | pookmark |
| 1/3PAGES | >>